消費税を払いすぎていませんか?
賃貸用不動産を取得したら消費税の返金請求

消費税返金請求とは?

消費税は消費者が負担するものです。賃貸用不動産を取得した不動産賃貸事業者が免税事業者のままでいると事業者なのに消費税を負担することになります。これを『不動産事業者の損税』といいます。『不動産事業者の損税』に対する『益税』は国庫に生じます。国は事業者に負担させてはいけない消費税を徴収していることになります。不動産の返金請求は、現行の法令では実現できていない消費税負担の適正化を目的とするものです。消費税の返金請求は難度が高い業務ですが、不動産と消費税に対する知識と経験が豊富な『不動産の会計事務所』が行えば間違いありません。